ブログ

2022年の夏は室内水耕栽培で野菜を育てる

2022年7月4日

  1. HOME >
  2. ブログ >

2022年の夏は室内水耕栽培で野菜を育てる

2022年7月4日

こんにちは!

暇さえあれば水耕栽培のことばかり考えているマルコです。

今年の夏は、ベランダでナスの水耕栽培をメインにいくつもりでいましたが、虫の餌食になり撤収。

ベランダは寂しい状態になっています。

今からまた別の野菜を育てても良いですけど、

虫イヤだなぁ・・

と思ったので、今年の夏は室内水耕栽培でいこうと決めました!

2022年の夏は室内水耕栽培する

2022年の夏の水耕栽培は、部屋の中で野菜を育てることにしました。

夏の間はベランダで何も育てません!

現在、室内で水耕栽培している野菜がこの2種類

  • 葉野菜
  • ピーマン

暑い夏にも耐えられる葉野菜

沖縄の夏は、暑くて葉野菜があまり売っていないので(売っていても値段が高い)、部屋の中で育ててようと決めました。

今育てているのが、

  • 水菜
  • 小松菜
  • サニーレタス

この野菜なら多少暑くてもイケるかなと思い栽培中です。

現在はこんな感じです

(水菜/小松菜)

サニーレタスは種まきしたばかりで、最近発芽してきました。

根っこが伸びてくるまで水で育てて、伸びてきたら液体肥料に入れ替える予定です。

こちらもちょっとした実験をしたくて今回はボウルで育てています。

【追記】サニーレタスは枯れて失敗しましたが、水菜と小松菜は収穫までいけました!

夏の暑い時期に水菜を水耕栽培してみた

夏の暑い時期に小松菜を水耕栽培してみた

ピーマンも実験的に育てる

葉野菜だけじゃ寂しいので、ピーマンも一緒に育てていきます。

前回ピーマンを育てた時は、実が小さくてあまり良い出来ではなかったですけど・・また再チャレンジです。

今回は、2Lのペットボトルでも育つのか実験的な感じで育てていく予定です。

失敗してもいいようにスーパーで買ってきたピーマンで種まきしました。

こちらの記事↓で採取した赤ピーマンの種で育てていますよ。

スーパーで買ったピーマンの種を採取する方法

現在のピーマンはこんな感じです↓

本葉が見えてきたので、そろそろ液体肥料入り容器に移動しようかなと思っています。

ある程度大きくなるまでは、1つの容器で育てて、そこから2Lのペットボトル容器に本定植する予定です。

やさいの時間でみた空芯菜のベビーリーフも気になる

先週、NHKの「やさいの時間」で空芯菜の育て方を紹介していて、私も育ててみたくなりました。

室内水耕栽培なので、普通に育てるよりはベビーリーフの方が良いかなと思ってチャレンジする予定です。

まだ種の準備ができていないので、また後日ブログで紹介できたらなと思っています(^^)

【追記】ベビーリーフ育ててみました。

 

・・という感じで、今年の夏は室内水耕栽培の記事ばかりアップすると思います〜!




-ブログ

© 2022 おうちで水耕栽培