水耕栽培の基礎

苗を水耕栽培容器に植え替えする方法

  1. HOME >
  2. 水耕栽培の基礎 >

苗を水耕栽培容器に植え替えする方法

土耕栽培している苗でも水耕栽培できるのかと心配になりませんか?

私も最初の頃は、土から水耕栽培にチェンジすると枯れてしまわないのかとハラハラドキドキしました。

でも、野菜って私たちが想像している以上に生命力が強くて、環境がガラリと変わっても逞しく成長してくれます。

今回は、土耕栽培の苗から水耕栽培する方法を紹介していきます。

土で育てている苗でも水耕栽培で育てられる

土で育てている苗でも、途中から水耕栽培にチェンジすることができます。

私も今までにピーマン、オクラ、トマト育てています。

植え替えはとても簡単ですよ。

step
1
苗の土を落とす

買ってきた・育てた苗を準備して、根っこが切れないように丁寧にポットから取ります。

その時軽く土を落としていきましょう。

step
2
水につけて土を落とす

土を落とした苗をきれいにするために、水で土を落としていきます。

バケツに水を溜めてしばらく放置すると、土が落ちてくれるので楽ちんですよ。

step
3
水耕栽培容器に植え替え

土が落ちたところで、苗を水耕栽培容器に植え替えしていきます。

今回は、ペットボトル容器を使って植え替え方法を紹介していきます。

(ペットボトル水耕栽培容器の作り方はこちらから読めます。)

根っこを飲み口部分からはみ出すようにして、土を入れていきます。(土はダイソーで購入した増える土になります)

↓苗がグラグラしない程度に入れていきます。

土が乾いた状態だと風で飛ばされてしまうので、私はこの時軽く水を入れて湿った状態にしています。

↓液体肥料はいっぱい入れるのではなく、根が空気に触れさせられるように量は少なめに。

↓最後は藻が生えないようにアルミシートでペットボトル容器をぐるぐる巻きしたら完成です。

合わせて読みたい

【余談】水耕栽培から土耕栽培にすることもできる

土耕から水耕に出来ることから、その逆もできます。(水耕→土耕)

私は、水耕栽培以外にも畑でも野菜を育てていて、水耕栽培で育てていたけどやっぱり土で育てたくなったという時によく、畑に持って行くんですが、ほぼみんな元気に成長してくれます。

特にトマトは生命力が強いので、失敗なし。

土に変えたばかりの時は、数日間瀕死状態になりますが・・その後、元気に復活して沢山の実をつけてくれます。

私たちが想像する以上に野菜って生命力が強くて、環境がガラリと変わってもうまく適応して育ってくれるんですよね。

なので、土耕から水耕、水耕から土耕・・という風に色々チャレンジしてみてください。




-水耕栽培の基礎

© 2022 おうちで水耕栽培