水耕栽培の基礎

室内水耕栽培でトマトを育てる時の受粉方法

  1. HOME >
  2. 水耕栽培の基礎 >

室内水耕栽培でトマトを育てる時の受粉方法

室内でトマトを水耕栽培するようになって2年が経ちました。

最初の頃は、受粉をさせることすらわからなくてそのまま放置して花が全て落ちて実がつかなったことがありました。

それから、どうしたら実がつくのか本やネットを見たり、同じように室内で育てている人のブログを読んだりと、受粉の仕方を猛勉強。

今では最初の頃に比べたら受粉の仕方も上手になってきたなと感じています。

今回は受粉について紹介していこうと思います。

室内でトマトを水耕栽培する時は人工授粉をする

トマトは、受粉させないと実をつけることができないので、室内でトマトを育てるなら人工受粉をする必要があります。

部屋の中だと風なく虫もいないので、受粉はしないからですね。

最初の頃は、それがわからず「花が咲いた♪次は実ができるぞ♪」なんて思って放置していたら全く実がつかなくて困ったこともありました。

人工受粉の仕方

人工受粉の仕方は、

  • 自分でするか
  • 道具を使うか

の2つです。

自分で人工授粉をするなら朝のうちにするのがポイント

自分で人工受粉をする場合は、午前10時までにはすませるのがポイントです。

人工授粉の方法としては、

  • 雌しべの先端(花の先端の飛び出している部分)を筆でこちょこちょとする
  • 茎を揺らす

など色々方法があります。

私は下の動画のように、雌しべを指でビンタするようにペシペシ叩いて人工授粉をさせています。

 

トマトトーンを使う方法もある

人工授粉には、トマトトーンという道具を使う方法もあります。

低温、日照不足などの自然結実しにくい条件下でも着実に着果させ、初期収穫量の増加が期待できます。

引用元:収穫量増加が期待できる「トマトトーン」のご紹介

開花前3日〜開花後3日の間にトマトトーンを花にかけることが着果しやすくなります。

ポイントとしては、

  • 1花房につき1回かける
  • 原液は薄める

実は今までトマトトーンを使ったことがなく、今回記事にするために調べてみましたが、意外にも値段が安くてびっくりしています。

もっと高いと思っていたので、この安さなら私も試しに買ってみようかなって思いました(^^)

授粉が必要ないトマトもある

実は、人工授粉しなくても実をつけてくれる単為結果という性質のトマトもあります。

トマトによって勝手に受粉してくれるなんてすごいですよね!初めて知った時はビックリしましたよ。

もし人工受粉するのが自信がないんだよね、勝手に実をつけてくれないかな、って思っている方におすすめ。

レジナ

草丈は15~20cmで支柱のいらないミニトマトとして人気のレジナ。

味は今風の甘い味にトマトとは違い、昔ながらの酸味のあるミニトマトという感じです。

昔ながらのトマトが好きな人は、美味しいと感じるかも。

実際、夫は甘いのよりはちょっと酸っぱいトマトが好きなようで、レジナは美味しいと言っていました。

実際私も育ててみましたが、本当に受粉なしで勝手に実ができるので、人工授粉するのを忘れた、ということがないので育てるのが楽でした。

▼栽培記録は下の記事で読めます。

ベランダ水耕栽培のレジナ

室内水耕栽培のレジナ

ネネ

普通のミニトマトより小ぶりなのが特徴。

ツヤツヤとした見た目に糖度が高く、実がたくさん付くそう1つの段に数十個収穫も可能だそうです。

私もまだ育てたことがないので、次トマトを育てる時にチャレンジしたいトマトです。

 ルネッサンス

大玉トマトのルネッサンスも単為結果で人工受粉は必要ないです。

お尻部分がピンと尖っていて、大玉のわりには小さめです。

果肉は硬めで皮は薄いのが特徴で、育て方によっては甘いトマトにすることもできるそうなので実験好きな私としては気になっているトマトです。

人工授粉をしても実がつかない理由は?

人工授粉をしても実がつかない理由には、

  • 茎や葉が茂りすぎている
  • 病気になっている
  • 気温が高すぎる
  • 日照不足

など色々な理由があります。

ただ、私の経験上、実がつかない理由として多いのが日照不足かなと思っています。

トマトの場合は太陽大好きな野菜で、1日6時間以上、日の当たる場所に置いた方がいいと言われています。

でも、室内で水耕栽培すると、外に比べて日の当たる時間も短いですし、窓越しなので光の強さも弱くなります。

もし室内であまり日が当たっていないようなら日照不足が原因の可能性が高いです。

▼日照時間の実験をしたのでこちらの記事も参考に

室内水耕栽培のミニトマトを日照時間4時間・6時間・植物育成ライトを使って育てる比較実験してみた

我が家も午前中の数時間ほどしか日が当たらないので、窓際でそのままトマトを育てても絶対に育たないので、植物育成ライトも一緒に使って育てていますよ。

このライトのおかげで甘いトマトを収穫できるようになったので、もし室内水耕栽培をするなら1つは持っていた方がいいです。

▼私が使っているライトはこちら。

▼植物育成ライトの詳しいレビュー記事はこちらから。

室内水耕栽培で使っている植物育成ライトを紹介

我が家は、午前中の4時間ほどしか日が当たりません。 そのせいで、最初の頃は、徒長したり元気がなかったり・・と失敗ばかり。 室内では育てられないのか・・、 と落ち込んでいた時に夫から植物育成ライトをプレ ...

続きを見る

 




-水耕栽培の基礎

© 2022 おうちで水耕栽培