水耕栽培の基礎

室内水耕栽培で使っている植物育成ライトを紹介

2021年6月24日

  1. HOME >
  2. 水耕栽培の基礎 >

室内水耕栽培で使っている植物育成ライトを紹介

2021年6月24日

我が家は、午前中の4時間ほどしか日が当たりません。

そのせいで、最初の頃は、徒長したり元気がなかったり・・と失敗ばかり。

室内では育てられないのか・・、

と落ち込んでいた時に夫から植物育成ライトをプレゼントしてもらい、そこから私の室内水耕栽培が激変。

最初は1つだったのが、2つ、3つと増え、今では室内でも色んな野菜を育てることができるようになりました。

ライトが有ると野菜たちの成長がまるで違うので、もし室内で水耕栽培をするなら1つは持っていると便利ですよ(^^)

今回は私が室内水耕栽培で使っている植物育成ライトについて紹介していこうと思います。

室内水耕栽培で使っている植物育成ライト

今使っている植物育成ライトは3つ。

1番最初に使い始めたのが3つライトがくっついているタイプ。

夫からのクリスマスプレゼントでもらいました。

最初はどんなライトがいいのかわからなかったので、Amazonのレビューが良さそうなものをチョイス。

特徴としては、

  • クリップ式になっている
  • ボタンでONとOFF・光の調節が可能
  • 電源ケーブルはUSB
  • タイマー付き
  • ライトが自由に方向を変えれる

植物育成ライトを使う前は、正直効果はあまりないのかなっと思っていましたが、実際使うと今まで見たことのないぐらい成長ぶり!

このことがきっかけでライトの必要性に気がつき、次々と増やしていくことになります。

2番目に購入したのがこちら↓↓

自然な色が良かったので、白色を購入しました。

3番目に購入したのがこちら↓↓

見た目は同じですが、こちらは120wで暖色系。(2番目のは100w)

暖かい色ですよね〜(^^)

せっかくなら違う種類を試した方が野菜たちの差が見れるんじゃないかと思い購入しました。

2番目と3番目は色とW数だけ違うだけで見た目は全く一緒。

ケースが付いているのかなと思いましたが、電源部分がむきだし💦

触ると痛いので要注意です。

こうしてみるとでっかい電球という感じしますよね。

これだけでは、ライトとして使えないのでソケットが必要になります。

私が購入したのは、オーム電気のテーブルランプ。

ランプ自体重さがありますが、こちらのテーブルランプならしっかり固定してくれるので自分が当てたい部分をキープしてくれます。

部品はこんな感じになっています。

本当はヘッド部分もありますが、ライトが入らないので外しています。

(↓ピンクで描かれた感じでヘッド部分がありました)

付け方も簡単でライトを回して入れるだけ。

あとは固定する部分をテーブルの厚さに合わせるだけでOK。

ON・OFFは黒い部分をくるっと回すだけです。

角度も変えれますよ。
↓↓

ライト部分も上下に動きます。
↓↓

3つの植物育成ライトを使ってみて1番良かったのが、2番目と3番目のライトですね。

光も強くテーブル全体に当たるので、野菜たちもいい感じに成長してくれています。

ただ、電球単体のみなので、ソケットを買う必要があります。

全部セットでついているライトに比べて値段が高めな所がマイナスに感じます。

ライトとテーブルランプ合わせて約6千円なので、それを2セット購入すると合計1万2千円ぐらい。

とはいっても、安すぎるライトはそれなりの効果しか得られないので、長く使うのであればちょっとお高めのものを購入してもいいのかなと感じます。

あとは、ラックだと取り付けができないということ💦

テーブルのようなしっかり固定できる部分がないとグラグラして取り付けできないので、ラックで水耕栽培している方にはおすすめできないですね。

ラックの場合ならクリップタイプで上から吊り下げる感じにするのがいいかと思います。(ライト自体重さがあるので、軽いクリックだと下がってしまいます)

こんな感じのものですね↓↓

植物育成ライトを使うようになって良かったこと

植物育成ライトを使うようになってよかったことといえば、

  • 野菜が元気に成長してくれる
  • 天気に左右されずに栽培できる
  • 色んな野菜にチャレンジできる

植物育成ライトがあるおかげで、色んな野菜を育てられますし、なにより天気を気にせず栽培できるのが嬉しいです。

最後に

我が家のように、日照時間が短いという方は植物育成ライトおすすめですし、日当たりの良いお家でも梅雨の時期とか天気の悪い日に補助的に使うのもアリかなと思いますよ(^^)

☆ライト以外にも水耕栽培で使っているものも紹介しています。

>>水耕栽培で必要なものを紹介




-水耕栽培の基礎

© 2022 おうちで水耕栽培