ブログ

【水耕栽培】オーム電機タイマースイッチをレビュー

  1. HOME >
  2. ブログ >

【水耕栽培】オーム電機タイマースイッチをレビュー

先日、水耕栽培用にオーム電機のタイマースイッチを購入しました。

タイマースイッチは、エアーポンプを自動でON・OFFできるもので、水耕栽培するときにとても便利なアイテムです。

持っていなくても全然OKですけど、あると便利!

使い方や感想などレビューしていきます。

オーム電機 タイマースイッチをレビュー

タイマースイッチは色んな商品がでていますが、私が購入したのはオーム電機のタイマースイッチです。

▼横には差し込みコンセントが1つ。

▼後ろには周波数を切り替えするスイッチ。

▼上にはタイマーと常時通電のスイッチ。

使い方

step
1
周波数を切り替える

1番最初にしてほしいのが、周波数を切り替えること。

周波数は地域によって違うので、必ず調べてから使うように。

「〇〇(各電力会社) 周波数」という風に検索すると出てきますよ。

もしわからない場合は電力会社に問い合わせしてみてください。

引用元:ほくでんネットワーク

ちなみに私が住んでいる沖縄は、60Hzになります。

周波数が違うと故障したり事故になったりするので気をつけてくださいね。

step
2
タイマーをセット

動かしたい時間を設定していきます。

  • 押し下げる→ON
  • 押し下げていない→OFF

1コマが15分単位で、

白い6aが午前6時、黒い6aが午後6時となっています。

私は、「15分動かして、15分休み・・」という感じで全部交互に設定しました。

ONの場合

OFFの場合

ONの場合は、赤く光り、OFFだと消えるようになっています。

step
3
スイッチをタイマーに切り替える

上にあるスイッチを「タイマー」に切り替えます。

step
4
現在時刻を設定する

タイマースイッチをずっとコンセントに繋いでいる方は、現在時刻に設定することも忘れずに。

そうする事で時間に合わせて自動でONとOFFにしてくれます。

私の場合は、夜寝るときはコンセントから全部抜き取るので、特に時刻を合わせていません。

step
5
エアーポンプをコンセントに差し込む

最後にエアーポンプをコンセントに差し込み完了です。

これで設定した時間に合わせてON・OFFをしてくれます。

使ってみた感想

今まで手動でON・OFFをしていたのが、タイマースイッチのおかげで自動に動いて・止まって・・をしてくれるのでとても楽になりました。

なんで今まで買わなかったんだろうと・・と思ったぐらい(^^:)

タイマー自体、ON・OFFの設定というシンプルなものなので、機械音痴の私でも分かりやすかったです。

値段もそこまで高くないのも良いですね。

ONとOFFを設定するとき、コマ部分が小さくて押し下げるのが大変だったので、ペンやちょっとした細くて固いものを使った方が良いですよ。

外で使うなら屋外用のタイマースイッチがおすすめ

私は部屋の中で使うので、タイマーが設定できるシンプルなものを選びましたが、もし外で使うなら屋外用のものを使うのをお勧めします。

例えばこちら↓↓

防水になっているので外でも使えます。

屋外用は色んなメーカーの商品がありますが、個人的には有名なところの方が安心かなって思いました。

以前、やっすい中国製の商品を使ったとき不安になったことがあったので、安さで選ぶよりはちょっと高くても安心できるものが良いのかなと。

特に電気系は怖いのですしね・・💦

水耕栽培でエアーポンプを使うならタイマーもセットで使うと便利

水耕栽培でエアーポンプを使うとき、タイマースイッチがなくても出来ますが、実際使ってみると便利ですね。

個人的には、涼しい時期ならずっと動かさなくても良いと思っているので、ONとOFFを設定できるタイマーが大活躍してくれます。

これからはもっと色んなアイテムを使って効率的に水耕栽培したいなと感じました(^^)

私が購入したオーム電機のタイマースイッチなら比較的安くで購入できるので、おすすめです。




-ブログ

© 2022 おうちで水耕栽培