枝豆

2Lペットボトルで枝豆を水耕栽培〜プリッとした甘い枝豆を収穫〜

2021年6月6日

  1. HOME >
  2. 枝豆 >

2Lペットボトルで枝豆を水耕栽培〜プリッとした甘い枝豆を収穫〜

2021年6月6日

ダイソーのプレミアムシリーズの枝豆、湯けむり娘をペットボトル水耕栽培にチャレンジしました。

枝豆を育てるのは今回初めて✨

普段は冷凍の枝豆を買って食べていますが、冷凍より生の枝豆の方が美味しいと聞いたので、実際に本当にそうなのか気になり育てることにしました。

種まきから発芽

4月から枝豆栽培をスタートしました。

初めて枝豆の種を見ましたが、こんなに大きいとは思いもしなかったのでビックリ!

不器用な私・・、他の野菜の種もこれぐらい大きいと種まきしやすいなと嬉しくなります。(特に人参!)

(2021年4月16日 種まき)

発芽率がわからないので、とりあえず4粒まいてみました。

(2021年4月21日 発芽)

4粒中3つ発芽を確認しました。

枝豆は右側の方ですね(ピンク丸で囲まれている)。

インゲンもそうですが、発芽したばかりなのにもう芽が大きい!

発芽が確認できて一安心。

初めて育てる野菜はこの発芽するまでの期間が1番ドキドキします。

しばらくの間は、根っこが伸びるまでは水のみで育てていきます。

ペットボトル容器に定植

4粒中3つ発芽を確認できましたが、1つだけグングン大きくなって残り2つはうまく成長できずにいました。

(2021年4月27日 定植)

このまま待っていても時間だけ過ぎていく感じがしたので、1つだけ定植することにしました。

今回使う容器は2Lのペットボトルです。

ペットボトルならコンパクトに置けるので狭いテーブルで水耕栽培している私としては、大活躍してくれる容器です。

このまま収穫までいけるのかチャレンジスタートです!

栽培の様子

定植したばかりのときは、ペットボトルから葉がでていなかったのに数日の間でぐーんと成長して飛び出してきています。

(2021年5月8日)

ここから一気に成長していきます。

(2021年5月13日)

枝豆らしい形をしたものを発見!

これが蕾?

と思い開花するのを今か今かとドキドキしながら待っていたら・・。

数日後には、赤ちゃん枝豆を発見。

花が咲かずに突然、実ができたのでビックリです。

(2021年5月19日)

私が気づかないだけで、どうやら開花は終わったようでした。

毎日のように野菜たちを眺めていたのに気づかない私って・・。

それにしても枝豆の実って枝の間からできるんですね。

いつも冷凍の枝豆しか食べたことがないので、どんな風に実になるのかわからなかったのでこの姿にはビックリ。

私のイメージでは、ミニトマトのように1カ所に沢山の花が咲いて実ができるのかなって思っていました。

(2021年5月20日)

どんどん枝豆らしい形になってきました。

ドアップで見るとフサフサとした毛も生えています。

赤ちゃん枝豆は2つ実ができています↓↓

枝は相変わらずヒョロヒョロです。

(2021年5月23日)

数日経つともう立派な枝豆の形になりました。

でも中の実はまだない感じ。細い枝豆です。

(2021年6月1日)

ちょっとふっくらしてきたかな。

光に当てると中の膨らみがわかるようになってきました。

そろそろ収穫しても良さそうな感じがします。

収穫

ついに収穫です(^^)

(2021年6月4日 収穫)

2Lのペットボトルで育てた枝豆の収穫数は全部で5つ

数の少なさに笑っちゃいますが、それでも自分で育てた枝豆。嬉しい気持ちの方が大きいですね。

では、実際に食べてみます。

(茹でた枝豆です↓)

甘くて美味しい!!

普段は外国産の冷凍枝豆を食べている私ですが、自分で育てた枝豆は甘さもありプリッとしたような食感でとても美味しいです。

育てる前はそこまで違いはないかなって思っていましたが、まるで違いますね。

収穫数が少ないので物足りなさもありますが、次はもっとたくさん栽培して子供たちにも食べさせたいです。

今回は少なかったので子供たちが幼稚園に行っている間にこっそり食べました笑

ペットボトル水耕栽培の枝豆を終了

枝豆の水耕栽培は、2021年4月16日〜6月4日まで栽培しました。期間は49日。

ネットで見ると栽培期間は、極早生種・80~90日、早生・中生種・90~110日と書かれていたので、もしかしたら収穫するタイミング早かったかな?(^^:)

でも、実はぷっくりしていたからOKということにしましょう。

今回は、2Lのペットボトルで1つしか育てなかったので液肥の減りも少なく1週間に1度継ぎ足しするかな〜ぐらいだったのでとっても楽ちんでした。

ペットボトルなのでちょっとした隅っこにも置けるし移動も楽ちん。

水耕栽培エリアの狭い我が家にはピッタリ容器でした(^^)

でも収穫数は少ないのが難点かな。

次育てる時は、摘芯して収穫数を増やしてみようかなと考えています。

まだ芽が小さいうちに摘芯することで、脇芽が増えてその分収穫数が増えるそうです。

ペットボトルなど小さな容器を使う場合は、この方法があっているのかも!

部屋の中で育てたので、虫もつかずに収穫までいけました。

枝豆の生育適温20~25℃で、6月の沖縄は余裕で30度超えているので、9月ごろにまたチャレンジしてみようかな。




-枝豆
-,

© 2022 おうちで水耕栽培